ノウハウ

オウンドメディアの記事制作で失敗しないポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事制作のイメージ

オウンドメディアは近年注目を集めているコンテンツマーケティングの手法です。すでに自社で始めているよという方、これから運営するよという方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

こちらの記事では、オウンドメディア記事制作会社の探し方・選び方、記事制作方法について具体的なポイントを挙げ、それぞれ説明しています。また近年のオウンドメディアの時流から、SEO視点だけではなくSXO視点が必要で、そのためには体制構築が必要であるということをまとめた記事です。

具体的には下記のような方に向けた記事内容となっております。結果が出せるオウンドメディア運営のためにぜひご一読ください。

【本記事の想定読者】

  • オウンドメディアの編集チームの方
  • オウンドメディアの企画を担当されている方
  • オウンドメディアをすでに運用しており、より強化したいと思っている方

オウンドメディアの記事制作の手段

オウンドメディアの記事制作の手段として大きく分けて、以下の三つの方法があります。それぞれ解説していきます。

記事制作のメリット・デメリットのイメージ

自社で書く

キーワード選定からすべて自社で手掛けるという方法です。新たなコストがかからないというメリットがあります。また自社で記事を制作できるので、自社にしか盛り込めない内容にこだわって記事制作することができるという点もメリットとして挙げられます。半面で、後でご紹介しますが、オウンドメディアの記事制作には想像以上の手間と時間がかかります。そのため社内にリソースがあってもなかなか進まない、また本業のコア業務を圧迫してしまう可能性があるというデメリットもあります。

オウンドメディア記事制作会社に依頼する

オウンドメディア記事制作を専門としている会社はたくさんあります。望んでいる記事イメージに合わせて、企画から納品までやってくれます。オウンドメディア記事制作会社に依頼するメリットは、スピード感をもって記事制作を行うことができます。また、契約しているライターも多くあるため、安定した質で記事を制作してもらえます。デメリットとしては、自社に合うオウンドメディア記事制作会社を見つけられるかどうかという点です。

クラウドソーシング

フリーのライターが登録しているクラウドソーシングサービスを利用する方法です。「クラウドワークス」や「ランサーズ」を代表とするクラウドソーシングサイトは数多くあります。そのサイトを通じて記事執筆を依頼します。この方法はうまくいけばコストを大幅に抑えられるというメリットがありますが、いいライターかどうかは発注してみないとわからないため、複数人のライターに対してまず発注し、納品された記事のクオリティーを確認する作業が必要になります。その手間と時間がかかるためあまりおすすめとは言えません。

オウンドメディアの記事制作会社の探し方・選び方

記事制作の方法は三つあり、いちばんおすすめの方法は記事制作会社に依頼する方法がおすすめです。ただその前提条件となる、「いいオウンドメディアの記事制作会社を探す」ことがいちばん難しいところです。よい会社を見つけ出すためのチェックポイントと選び方をご紹介していきます。

記事制作会社のチェックポイント

以下の5つのポイントに気をつけて選ぶとよいでしょう。

考え方

どのような方針で記事を作成しているのかを確認しましょう。記事を制作することに絞っているのか、戦略まで踏まえたコンサルしてくれるのかで大きく変わってきます。どこまで求めるのかにもよりますが、オウンドメディアのサイトを成功に導くためには戦略まで伴走してくれる会社の方が効果は早いと言えます。

SEOで上位化しやすい記事を作れるか

SEOに留意した記事作成のノウハウがあるのかどうか、記事を制作の工程はどのような流れか、制作時に気をつけている点についても確認しておきましょう。

手がけたオウンドメディアの記事実績

オウンドメディア記事制作会社がこれまでに手掛けたオウンドメディアの記事実績を確認しましょう。取引企業数や制作本数、数値的な実績もチェックしましょう。

費用感

どのような料金体系になっているのか、どの程度の費用感なのかは確認しておきましょう

納期・スピード感

記事制作の納期、どのくらいのスケジュールで記事制作できるのか、オウンドメディア構築のスピード感はメディアの成功とも大きく関わってきます。

おすすめの選び方

記事制作会社を選定する際どのようにすればいいのでしょうか。以下ご紹介していきます。

情報収集

まずは情報収集です。「オウンドメディア 記事制作」と検索したり、知り合いに紹介してもらったりしましょう。

実際に話を聞く

気になる制作会社が見つかったら、実際に会って話を聞きましょう。その時にはさきほどご紹介した、制作会社の考え方、記事実績、費用感、納期・スピード感について確認しましょう。

自社の状況を踏まえ検討

オウンドメディアを運営する自社の体制(運営人数・予算)やオウンドメディア を運営することで得たいものを把握しておきましょう。また記事制作だけでよいのか、コンサルもしてほしいのか、など必要なサポートを踏まえて検討し、ニーズに合致する制作会社を選定しましょう。

オウンドメディアの記事制作の費用感

気になる相場ですが、目安としては20,000円~50,000円です。

オウンドメディアの記事制作の方法

検索上位を獲得するためには、以下のような手順で記事を作成することが必要です。自社で記事制作するのか、外注するのかにかかわらず把握しておきましょう。

記事制作の方法のイメージ

対象サービス、記事の役割の定義

限られたリソースで目標を効率的に達成するために、数ある自社サービス内容のうち、どのサービスに関する記事を優先的に増やしていくのかを検討します。

検索キーワード調査

ターゲットユーザーがどういったキーワードで検索するのかを想定します。月間検索数を踏まえ、より優先して記事作成すべきキーワードを検討します。

記事構成案作成

使用するキーワードを想定し、記事のアウトラインを作成します。独自性や専門性をどこで出すのかも検討します。

取材・記事執筆

記事構成案をもとに、必要な取材や記事執筆を行います。データの情報源を明確にするなど信頼性の高い記事を作成することが大切です。

オウンドメディア記事制作のトレンド

記事制作は検索エンジン上位化を目指すSEO視点だけでは難しいと言われています。オウンドメディアを運営する目的とも重なりますが、近年はSXOの視点が非常に重要です。SXOは正式には「Search Experience Optimization」といい、日本語では「検索体験の最適化」と訳されます。検索したユーザーの検索意図に合うコンテンツを提供し、より満足度の高い検索体験にユーザーを導くということです。オウンドメディアは単なる集客の手段ではなく、自社のファンを固定化し、口コミを生み出すというCSの役割も担っています。

またオウンドメディアの効果を実感できるまでには最低でも半年~1年はかかり、具体的には100~180本程度の記事数がたまってくると効果が出やすいと言われています。それだけの記事数をただ量産するのではなく、ユーザーを満足させる質を維持しながら記事を作り上げていくのは実に大変な作業です。そのためSXOにかなった記事制作には、従来の自社体制では難しくなってきています。業務の片手間で記事制作するというのでは、オウンドメディア自体も立ち行かなくなってしまします。そこで、アウトソーシングできる部分は外部に依頼し、記事の編集や方向性の確認といった自社にしかできないコア業務に集中するという体制を構築した方がオウンドメディアはスムーズに効率的に運営できます。

SXOについて詳しくはこちらの記事もご参考に
SXOとは?その意味と今日からできる具体的な対策

オウンドメディアの記事制作で注意した方が良い点

オウンドメディアを運営するにあたり、注意した方が良い点についても確認しておきましょう。

運営体制の構築

オウンドメディアを運営は体力のいる取り組みです。担当者一人で抱え込まず、体制を社内で事前に作っておくことが大切です。メンバーには取り組みの目的や意義、そして継続的な取り組みが必要であることをしっかりと理解してもらうことが重要です。また、重要なコア業務に集中するために、アウトソーシングできることは賢く外注するなど業務の効率化の視点も大切です。

定期的なリライトも重要

記事は一度作って終わりではありません。ユーザーの反応を見て、足りない情報があれば加筆が必要ですし、情報が古くなれば新しい情報に刷新するなど定期的なリライトも重要です。

まとめ

オウンドメディアの記事制作についておわかりいただけましたでしょうか。近年のオウンドメディアのトレンドを見ても、SXOを踏まえた記事制作は非常に大変な作業です。自社でできること、できないことをまずは棚卸した上で、外部サービスをうまく活用されることをおすすめします。

弊社ではオウンドメディアに関するコンサルティングとSEO、ユーザーの満足度向上につながる記事作成支援サービスをご提供しております。それぞれの企業や事象に合わせた最適な改善策と戦略をご提案させていただきます。お気軽にお問合せください。

オウンドメディアに関するコンサルティングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加