ツール

メディアサイトを月間90万PVまでグロースさせる時に使用したおすすめSEOツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめSEOツール

「SEO ツール」と検索すると、40選!とか10選!とかたくさんのSEOツールを紹介した記事が検索でヒットします。確かにどれもたくさんのツールを紹介していて素晴らしいと思うのですが、 「じゃあ現実どれ入れるのよ」というところが大事だと思うのです。

だってそんなたくさん紹介されても、20個目以降流し見になってしまいそうだし、 最後の方まで来たら、最初の方に紹介されたツールとか忘れてしまいそうだし、 何より一つの目的で複数のツール紹介されても、いちいち使って見て、どれがいいか判断しないといけないのは面倒くさいですよね。

そこで今回は、1年程度でメディアサイトの月間PV数を月間90万PVまでグロースさせる際に実際に使用したSEOツールをご紹介したいと思います。
SEO初心者の方はまずはここに紹介しているツールくらい知っておけば十分だと思います。
ご自身の状況や、目的を踏まえて、必要な部分をご参照いただければと思います。

基本的なSEOツール <ツール導入優先度:高>

Search Console

これはもうSEOをするとなると、一番最初に入れないといけないやつです。
SearchConsoleを活用することで、自分のサイトのアクセスの概要を知ることができます。

具体的なSearchConsoleの活用方法例

ここでは、一番基本的な使い方を説明します。SearchConsoleを開くと「検索パフォーマンス」というテキストとグラフが表示されるかと思います
このグラフの右上の「レポートを開く」というテキストリンクを開くと下記のような内容を調べることができます。

指定した期間においてSEOで

  • 自分のサイトがクリックされた回数(合計クリック数)
  • 検索結果にはどのくらい表示された回数(合計表示回数)
  • 検索結果に表示されてどのくらいの確率でクリックされたのか(クリック率)
  • 該当期間において平均でどのくらいの検索順位を獲得していたのか(平均掲載順位)

さらに、調査する期間は自分でカスタマイズして設定できます。
ここでは割愛しますが、特定のキーワードでどのページがクリックされたか等の詳細な分析も行うことができます。
SearchConsoleは非常に色々な使い方ができ、さらに無料なので、ぜひ導入しましょう。

Google検索の掲載順位やクリック数がわかるツールSearch Console

Googleアナリティクス

自社のサイトに訪れたユーザーを様々な角度から分析できます。
ユーザーが検索エンジン経由できたのか、他サイトのリンクをたどってきたのか等、あなたのサイトのユーザーがどこからきているか知ることができます。

Webサイトを運用している目的を達成できているのか現状を把握し、その上でサイトを改良していく際に参考となるデータが計測できるのがGoogleアナリティクスです。

流入経路の分析以外に、以下のような幅広い分析ができます。
・どんな人がサイトを訪れているのか
(セッション数、ユーザー数、ユーザーの性別や年代、エリアなど)
・サイトにどれくらいの時間滞在しているのか
(平均滞在時間、1回のアクセスあたりの滞在時間など)
・どんなコンテンツを見て、どんな行動を起こしているか
(ページごとの閲覧数、離脱率、直帰率など) 

アクセス解析に便利なツールGoogleアナリティクス

Google広告キーワードプランナー

SEO対策で狙いたいキーワードの検索ボリューム(1ヶ月あたりどのくらい検索されているか)を調べられるので、キーワード調査をする際に使用します。

関連キーワードを調査できるツールGoogleキーワードプランナー

GRC

多くのキーワードの順位を継続的にウォッチすることができます。順位の取得タイミングを指定しておけば、毎日そのタイミングで自動で順位を取得してくれるので、非常に便利です。データをCSVでダウンロードもできるので、社内報告用の順位レポートを作る際にも重宝します。有料ですが、多くのキーワードで上位化を狙うメディアサイトの運用者などは、必ず導入すべきツールの一つです。登録できるキーワードの数も多いので、競合サイトの順位チェックにも活用できます。

毎日自動で順位取得できるSEO順位チェックツールGRC

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

Googleのサジェストワードを調査し、その検索ボリュームなどのデータも合わせて一括でダウンロードすることができます。

Googleのサジェストキーワードを調査できるグーグルサジェストキーワード一括DLツール

Googleトレンド

Google検索で流行りやトレンドのワードをチェックする際に使用します。

検索トレンドをチェックできるツールGoogleトレンド

SXO改善に役立つSEOツール <ツール導入優先度:中>

ここからは、サイト調査をするタイミングでよく使用するSEOツールを紹介します。自社サイトの状況をより詳細に知り、改善を図って行きたいという方はチェックしておきましょう。

Lighthouse

Chromeの拡張機能で、簡単にサイトのパフォーマンス、アクセシビリティ、プログレッシブウェブアプリ(PWA)対応状況などについての確認ができ、具体的な改善策を提示してくれます。簡単にSEOの基本的な項目の状況をチェックするツールとして有効です。

GoogleのSEOチェックツールLighthouse

PageSpeed Insights

自社サイトのページの読み込み時間を短くするためのポイントを指摘してくれます。

ページの表示スピードの高速化に向けて改善すべき課題がわかるツールPageSpeed Insights

構造化データテストツール

自社サイトが正しく構造化データが記述できているかを確認できます。

構造化データがしっかりマークアップされているかチェックできる構造化データテストツール

リンク切れチェックツール

ページ内でリンクを張っている部分について、リンク切れなどがないかをチェックしてくれます。

ページ内のリンク切れをチェックするツール リンク切れチェックツール

サイト立ち上げのプランニングや戦略の方向性を決める際に使用するSEO競合サイト調査ツール

SimilarWeb(シミラーウェブ)

一部無料で使える競合調査ツールです。

競合分析ツール SimilarWeb

また、SEOの競合調査の方法や、勝つための戦略についてはこちらの記事にまとめてありますので、興味のある方はこちらもご参照ください。

SEOで競合サイトに勝ちたい!競合調査・分析方法と勝つための戦略

たまに使用するSEOツール <ツール導入優先度:低>

ここからは、毎日使うわけではないけれど、たまに必要に応じて使用するSEOツールを紹介します。

SEOチェキ

こちらは、前述したGRCなどが立ち上げるの時間がかかる際や、外出先などで、パパッと2、3キーワードの順位を調べる時に使用します。

無料で使えて手早くSEOをチェックできるSEOチェキ

被リンク状況チェック

こちらは競合サイトなどの被リンク状況を把握するために使用します。また、自社に変なサイトからリンクされていないかをチェックする際にも使用できます。

被リンク状況チェックツール Majestic SEO

順位変動状況をウォッチしたい

順位変動の波などを確認したい時に使用します。

順位変動状況をウォッチするツール Algoroo

コピー(重複)コンテンツチェックツール

上がってきた原稿にコピペ部分がないかをチェックする際に使用します。

無料コピペチェックツール こぴらん

まとめ

いかがでしたでしょうか。SEO初心者の方は今回紹介したようなツールをまずは知っておきましょう。
また、今回紹介したツール以外にもたくさんSEOツールはあります。ただ、ツールはあくまで補足的なものです。なので、いきなり色々なツールを探してみることに時間を使うよりも、まずは自分のサイトのコンテンツがユーザーの検索ニーズを満たし、他のどのサイトよりもユーザーに満足してもらえる内容となっているかどうかを考え、改良していくことに集中した方が良いでしょう。

なお、弊社のSEOコンサルサービスでは、お客様一人一人に合わせて、サイト分析、競合分析、キーワード分析を行い、具体的にお客様のサイトだとどのように改善したらいいかをご提案・ご相談にのらせていただいておりますので、より効率的に順位改善、SEO経由のアクセスを伸ばしたいお客様はどうぞお気軽にお問い合わせください。

お客様のケースに合わせて実績豊富なコンサルが分析・改善提案するSEOコンサルサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加