ツール

セッションとユーザーの違いとは?Googleアナリティクスの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セッション ユーザー アナリティクス

アクセス解析を始めたばかりの人にとって、「セッション」「ユーザー」「PV(ページビュー)」について、「違いがよくわからない」という方は多いのではないでしょうか。実は、これらはGoogleアナリティクスの仕組みにも関わる重要な指標です。本記事では、セッションとユーザー、PVの違いについて詳しくご紹介していきます。Googleアナリティクスをしっかり活用したい方は要チェックです。

アナリティクスの「セッション」とは

セッションとは、サイトを訪れたユーザーが、サイトを見始めてから見終わるまでの一連の操作のことです。例えば、あるサイトに朝訪問し、一度離脱して、夜にまた訪問していればセッション数は2となります。朝から晩までサイトを見続けていれば、セッション数は1になります。セッションは30分以上何も動きがない場合は自動的に終了となります。また、日をまたいだ場合も別のセッションとなります。Googleアナリティクスの大半の情報は、このセッションを基本としていますので、しっかりと理解しておきましょう。

参考:アナリティクスヘルプ アナリティクスでのウェブ セッションの算出方法

アナリティクスの「ユーザー」とは

「ユーザー」だから、サイトを「使ってくれた人」「見てくれた人」と思うのですが、実際は少し異なります。ユーザーとは、特定期間中に1回以上のセッションを開始したユーザー数を指します。ただし、同一人物でも異なるブラウザや異なる端末を使った場合は、別のユーザーとしてカウントされてしまうので注意が必要です。同じ人がパソコンとスマホ、タブレットでサイトを訪問すると、3ユーザーとしてカウントされます。

PV(ページビュー)とは?

PVは、Webページを閲覧した回数のことを意味します。あるサイトで、トップ→ページA→ページBと閲覧した場合は、PV数は3となります。ユーザーがページを訪問した後でそのページを再度読み込んだ場合は、ページビューは1つ増えます。ユーザーが他のページに移動してから最初のページに戻ってきた場合も、新たなページビューとしてカウントされます。

参考:アナリティクスヘルプ アナリティクスの Google 広告クリック数、セッション数、ユーザー数、閲覧開始数、ページビュー数、ページ別訪問数の違い

セッションとユーザーの違い

セッションが1回ずつの訪問を計測するのに対し、ユーザーは同じ一人の人を追っています。ユーザーと混合してしまうことがよくあります。そのため「セッション=操作数」と覚えておくとわかりやすいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はGoogleアナリティクスに表示される3つの指標、セッション・ユーザー・ページビューについてそれぞれの違いを解説しました。それぞれの数値のもつ意味をしっかりと理解し、改善したい指標を定めることで、効果的にサイトの改善に役立つはずです。しっかりと目標を設定し、日々の指標としてGoogleアナリティクスを活用しましょう。

弊社では、お客様一人一人に合わせて、サイト分析、競合分析、キーワード分析を行い、具体的な改善方法をご提案させていただいております。より効率的に順位改善、SEO経由のアクセスを伸ばしたいというお客様はお気軽にご相談ください。

実績・知見が豊富なアドバイザーによるSEOコンサルティングサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加