SEO戦略

SEOキーワードの選定方法と選定のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO キーワード

SEOを始めるとき、まず始めにどのようなキーワードで対策するかを決めます。しかしこのキーワード選定は非常に重要度が高いにも関わらず、うまくできていないことが少なくありません。今回は、SEOキーワードの選定方法を3つの手順でご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

キーワード選定とは

キーワード選定とは、インターネット検索結果で上位表示したいキーワード(SEOキーワード)を選ぶことです。検索されるキーワードからユーザーのニーズを把握し、商品やサービスページに意欲の高いユーザーを集客するために行います。
キーワードはユーザーが求める情報であり、キーワード選定はユーザーのニーズを探ることです。たかが「キーワード選び」と軽く考えずしっかりと取り組みましょう。

SEOキーワード選定方法3ステップ

ではどのようにしてSEOキーワードを選ぶのでしょうか。3段階に分けて選び方の手順をご紹介します。

キーワード選定の3ステップのイメージ画像

SEOキーワードのリストアップ

思いつきでSEOキーワードを出す

まずは思いつくままに、素早くキーワードを出して見ましょう。ユーザーがもし検索するなら「どんなワードを打ち込むかな?」とユーザー目線になって出してみます。

キーワードプランナーの活用

さらにSEOキーワードを増やしていきます。Googleのキーワードプランナーを使っていきます。これは無料で使える強力なツールです。
ログインしたら、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択すると詳細なメニューが表示されます。ここにキーワードやライバルサイトのランディングページを入力すると、他のSEOキーワード候補が出てきます。この中から、検索ボリュームがあって、サイトと相性が良さそうなワードを選び、候補に追加します。

関連キーワードも調べる goodkeywordの活用

Goodkeywordは、基本の単語を入力すると検索エンジンで検索されている関連キーワードを一覧表示してくれます。キーワードプランナーで拾いきれない関連キーワードも知ることができるため、キーワード候補を広げることができます。

検索ボリュームの調査

検索ボリューム・競合性を確認

キーワードプランナーにログイン後、キーワードを入力すると「月間検索ボリューム」と「競合性」を確認することができます。

月間検索ボリュームは、キーワード選定において重要な指標の一つです。ボリュームが多いキーワードはライバルも多く、上位表示は非常に難しくなります。100~1,000といった検索ボリュームの範囲であれば、上位化を狙いやすいキーワードといえます。

また、競合性は、キーワードに入札している広告主の数を表示しています。「高」だと競合が多く、「低」だと競合が少なく、「中」はある程度競合が多いことを確認できます。競合性を調べることで、上位化しやすいキーワードを判断する目安が把握できます。

〈キーワードのカテゴリ分類〉

キーワードは検索数を基準として3つの大きなカテゴリに分類することができます。

キーワードのカテゴリ分類のイメージ
ビッグキーワード

検索数や競合度が非常に高い1語のキーワードです。検索意図の幅が広いのでコンバージョンは低くなります。(例:“メイク”や“海外旅行”など)

ミドルキーワード

ビッグキーワードよりも検索ボリュームが少ない具体的なキーワードです。ビッグキーワードより競争度は低くなります。(例:“メイク ファンデ” “海外旅行 格安”など)

ロングテールキーワード

3ワード以上の具体的なフレーズです。検索ボリュームが非常に少なくなりますが、コンバージョンが高い傾向にあります。(例:“メイク ファンデ  初心者 コツ” “海外旅行 格安 ハワイ ツアー”など)

SEOキーワードを絞り込む

候補キーワードを絞り込んでいきます。適切な絞り込みによって、上位検索表示が実現します。

自社コンテンツとの関連性

コンテンツとの関連性が高いキーワードを優先して絞り込みを行うことが大切です。サイト全体を通したコンテンツと関連性の高いキーワードは検索エンジンからの評価アップにもつながります。

コンバージョンへの貢献

検索ボリュームが検索上位に表示されるのが最終目的ではありません。売上や登録といったコンバージョンにつながることが目指すところです。そのため、ユーザーの検索意図に思いを馳せ、ニーズに合うキーワードを模索することでコンバージョン率も向上させることができます。何を訴求すればコンバージョンへの貢献につながるかというユーザーニーズを常に意識しながら、キーワードの絞り込みを行いましょう。

SEOキーワード選定の後

SEOキーワードを10個ほどに絞り込んだら、コンテンツを書く順番を決めていきます。検索ボリュームが少ないキーワードを先に選ぶと、得られる成果も小さくなりますし、逆にボリュームが大きすぎると成果が上がるまで時間がかかります。
そのため、立ち上げたばかりのサイトなら、検索数が少なめでも難易度が低いワードから始めるのがよいでしょう。

キーワード選定後に考えることのイメージ

SEO評価が高まってきたサイトなら、月間検索ボリュームの多いワードを重点的に攻めていくといいでしょう。
SEOキーワードの優先順位が決まったら、順にコンテンツを作成していきます。

まとめ

今回は、サイトを作るために必要なキーワードの選定方法について紹介してきました。

SEOキーワード選定は、選定して終わりではなりません。継続して良いSEOキーワードを選び、コツコツとコンテンツを積み重ねていくことが大切です。

なお、弊社のSEOコンサルサービスでは、お客様一人一人に合わせた、サイト分析、競合分析、キーワード分析を行い、改善のご提案・ご相談にのらせて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

SEOコンサルティングのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加