ノウハウ

優秀なSEOコンサルタントの条件と選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
seo コンサル

SEOコンサルタントのお仕事って、漠然としていてよくわからないという方も多いのでは。今回はSEOコンサルタントはどんなことをしてくれて、どんな能力が必要なのかについてご紹介します。「SEOコンサルタントに一度相談してみたいけど…」、「現在お願いしているのSEOコンサルタントってどうなの?」という方、ぜひ参考にしてみてください。

SEOコンサルタントとは

SEOコンサルタントとはSEO(検索エンジン最適化)によって、クライアントのWebサイトの集客アップを実現させる職業です。SEOコンサルタントは、検索エンジンのアルゴリズムを解析し、狙ったキーワードでの検索順位を上位化するための施策を実施します。
しかし、検索順位を決めるアルゴリズムは不定期に更新され、時には大幅な変更もあります。なのでSEOコンサルタントは、アルゴリズムをはじめとしたインターネット業界のニュースについて最新情報を常にチェックしなければなりません。

SEOコンサルタントの仕事内容

まずは内部対策を行った上で、外部リンク対策やコンテンツSEOなどサイトに合ったSEO対策をコンサルティングしてもらえます。基盤が整った上で、サイトの方向性をきちんと設定するために、キーワード選定をまず行います。キーワードはユーザーが求める情報であり、キーワード選定はユーザーのニーズを探ることになります。
こちらの記事もご参考に
「SEOキーワードの選定方法と選定のコツ」

データを分析しているイメージ画像

それから、アクセス解析やキーワードの順位計測によって、現在の行動が数字につながっているかどうかの判断を行います。月単位などで検索順位のレポートを作成するなど、上位化できるよう提案してもらえます。
SEOコンサルタントは、特定のキーワードを上げるだけでなく、サイトの集客・収益を得ることをゴールとして施策を行ってくれるため、会社の利益につながるSEO対策を行うことができます。

優秀なSEOコンサルタントの条件

優秀なコンサルタントの条件として、次の8点が挙げられます。

優秀なコンサルタントの条件のイメージ

Webマーケティング全般に精通している

SEOコンサルタントはSEOがわかっていればいいというものではありません。SEOとそれ以外のプロモーション手段の違いをわかった上で最適な手段を講じていかなければなりません。PPC広告やアフェリエイトなど他ジャンルの広告の仕組みも理解しておくのは必須です。
またWeb広告手法は日々進化しているので常にアンテナを張り情報収集に務めることも必要です。

目的・目標を明確化できる

クライアントの現状での問題を十分にヒアリングし、何のためのサイト改善なのか、それによってどういうことを実現させたいのかを明確にすることが大変重要です。

課題を指摘できる

早期に成果を出すために第一に取り組むべき課題を決め、それに対し優先すべき施策を多岐にわたるSEOから決めていきます。

目標達成までの工程作成・管理ができる

目標達成までのスケジュールを作成し、その実行を管理していきます。過程で資金面など再設計が必要なケースもありますが、重要度の高い施策や工数が少なく効果のある施策に集中し、実行していくのもSEOコンサルタントの腕の見せどころです。

施策の検証力がある

実施した施策の効果を検証します。成約数、順位やトラフィックの推移を測ることはもちろん、ブランディング効果分析などの分析も必要になってきます。
それをふまえ次の施策を打っていく、この繰り返しを効率的に、かつ地道に行うことが大切です。

調整力がある

SEOコンサルタントはクライアントである企業の担当者が、社内でSEOを推進しやすくなるよう支援することが大切です。状況に応じて、担当者の代わりに上長や関係者に説明する場を設けたりなど、クライアントの社内体制や立場に合わせて、伴走する姿勢が大切です。

コニュニケーション能力が高い

クライアントや制作会社のことを理解するのが大切です。
そのため、限られた時間の中でクライアントから情報を引き出すために、和やかな雰囲気で場をつくり気持ちよく話してもらう。また制作会社に意図をきちんと説明できることも重要です。

プレゼンテーション能力が高い

検索エンジンのロジックを研究し、最適化するための論理や考え方をクライアントに提供しなければなりません。
そしてそれらの考え方を、わかりやすく、納得感を持って理解してもらうために、説明する力・プレゼンテーション能力が大切になります。

SEOコンサルタント選びのポイント

seoコンサルタント選びのポイントのイメージ

一番が手掛けたWebメディアの実績を見ることです。SEOの実力があれば必ず検索上位に上がっているはずです。さらに、同じ業界や同じテーマのWebメディアの経験があるのであればそれは大きな強みです。
どういった施策を行って、どれくらいの期間で、順位やセッションがどれくらい上がったかも確認してみるといいでしょう。

担当コンサルタントとの連絡頻度はどれくらいなのか、定例会や日々の報告はどういう形でやるのかも確認しておくことも大切です。
状況が目まぐるしく変わるSEOなので、こまめな情報提供や円滑なコニュニケーションがとれるコンサルタントであれば安心です。

GoogleもSEO業者を選定する際のポイントについて言及しています。
詳しくはこちら
Google Search Consoleヘルプ「SEOが必要なケース」

まとめ

たくさんあるSEOコンサルタントの中から、自社にピッタリのコンサルタントを見つけるのは難しいことです。
頼みたいことが明確な方はもちろん、「何を改善すればいいのかわからない」という方もぜひ一度相談してみましょう。
そして納得がいくまで説明を求めてください。もし違和感を感じたり、しっくりこないSEOコンサルタントは厳しい言い方ですが、選ぶべきではありません。
自社のメンバーとともに施策を考え抜いてくれるコンサルタントを見極めて、長くお付き合いをしていく上で信頼できると思うSEOコンサルタントを選んでください。

弊社では実績・知見の豊富なコンサルタントが、戦略から実行まで一貫してサポートいたします。お困りごとがありましたらお気軽にお問い合わせください。

正しいアプローチでより効率的に成果を出すSEOコンサルティングサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加