SEO戦略

リスティング広告とSEOにおけるクリック率の考え方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リスティング seo クリック率

リスティング広告とSEOは、どちらもGoogleなどの検索エンジンからWebサイトへ誘導できる媒体です。それぞれ異なった特徴があり、使い分けを行うことで、最適なアプローチができます。今回はリスティング広告とSEOの比較から使い分けまで、クリック率の考え方を踏まえご紹介していきます。

リスティング広告とは

リスティング広告のイメージ

リスティング広告とは、Googleなどの検索結果画面の上部に出てくる有料広告のことです。特定の検索語句に対して連動した広告を表示させることができ、インターネット広告の中で最も費用対効果の高い広告の一つです。ユーザーに違和感を感じさせることなく、自然なクリックに導くことが出来るのが費用対効果の高い理由として挙げられます。

SEOとは

SEOのイメージ

SEOとは、サーチエンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、Googleなどの検索エンジンで上位に表示させるための施策です。基本的にリスティング広告の下に表示されます。ユーザーは検索したキーワードで、上位に表示されるサイトを信頼する傾向があるため、コンテンツの充実させ、ユーザーにとって有益な情報を提供することが重要です。

SEOとリスティング広告の比較

  
リスティング広告
SEO
クリック率
低い
高い
費用
有料
無料
変更にかかる時間
速い
遅い
コントロール性
コントロールできる
コントロールできない

クリック率

リスティング広告はSEOより上位に表示されるにも関わらずクリック率は低い傾向にあります。ユーザーの中には広告枠と知っている場合、リスティング広告を避ける人が少なからずいて、そのためリック率は低くなってしまうのです。
SEOの場合は、上位表示されればされるほどクリック率は高くなります。
それぞれのクリック率の傾向については別項でご紹介します。

費用

リスティング広告はクリック課金制をとっており、競合とのオークションによりクリック単価が単価が高くなる傾向があります。人気キーワードか否かで1クリックあたりの単価も数円~数千円と大きく変わってきます。一方、SEOではクリックによる費用が全くかかりません。それがSEOの大きなメリットでもあります。

変更にかかる時間

リスティング広告はキーワードや入札額を設定したら、ほぼリアルタイムで表示され、変更もスピーディに行うことができます。一方、SEOはすぐ表示されるわけではありません。検索エンジンの巡回によるため、Google Search Consoleでクロールを促すなどの施策が必要です。

コントロール性

リスティング広告はコントロール性が高く、検索期間・時間・地域などの設定ができるので、細かな戦略をたて掲載することが可能です。一方SEOはリスティング広告のような細かい設定はできず、自由にコントロールすることはできません。

クリック率(CTR)

クリック率(CTR: Click Through Rate)とは、広告やコンテンツが表示された回数に対してどのくらいの割合でユーザーにクリックされたかを示す指標です。表示回数に対してクリック数が多ければ多いほどクリック率は高くなります。
検索エンジンに表示されるSEOとリスティング広告におけるクリック率の平均について見ていきましょう。

SEOにおけるクリック率の平均

2017年版のGoogle検索順位別クリック率データは以下のとおりです。

1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

(参考:https://www.internetmarketingninjas.com/blog/google/announcing-2017-click-rate-study/)

SEOにおけるページのクリック率は掲載順位によって大きく変わります。検索結果からより多くのユーザーをサイトに呼び込むためには高いクリック率が期待できる上位に掲載できることは大変重要です。

リスティング広告におけるクリック率の平均

リスティング広告におけるクリック率の平均は、掲載位置、検索語句など様々な要素で変わってきます。Google広告の業界ごとの平均クリック率を参考にしてみてください。業界によって大きく傾向が異なっていることがわかると思います。

擁護団体     4.41%
自動車      4.00%
B2B       2.41%
消費者サービス  2.41%
デート・出会い  6.05%
Eコマース    2.69%
教育       3.78%
求人       2.42%
金融・保険    2.91%
健康・医療    3.27%
家庭用品     2.44%
産業サービス   2.61%
法律       2.93%
不動産      3.71%
技術       2.09%
旅行・観光    4.68%

(参考:https://www.wordstream.com/blog/ws/2016/02/29/google-adwords-industry-benchmarks

SEOとリスティング広告の使い分け

それぞれのメリット・デメリットがわかったところで、どのように使い分けていけばいいのでしょうか。リスティング広告とSEOでは集まるユーザーの層や質に違いがでるため、片方のみよりも、合わせて検討、実施するのがおすすめです。SEOで自然検索ユーザーを集め、リスティング広告でも違う層を集めるのが理想的です。

SEOとリスティング広告の使い分けて成果を出したい人のイメージ

ただSEOは時間や手間がかかります。工数に余裕がなく、短期的に成果を出したい場合は、リスティング広告から取り組み、広告からの流入数やCV数を増やすのがよいでしょう。リスティング広告を出してみて、結果から対策すべきキーワードを見極め、じっくりとSEOに取り組むのも一つのやり方です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リスティング広告とSEOの違いがおわかりいただけたでしょうか。どちらも一長一短があります。それぞれの特性をよく理解した上で、戦略を立てていくのがよいでしょう。

とは言っても、「このまま進めていいものか」と方向性に不安に感じたり、そもそもノウハウがないという方も多いと思います。

弊社では、SEOコンサルティングサービスをご提供しております。各種広告の運用も含め、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

正しいアプローチで効率的に成果を出すSEOコンサルティングサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加