ノウハウ

サイト運用にかかる費用はどのくらい?相場や注意点を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト運用にかかる費用のイメージ画像

自社サイトの運用はどうしていますか?制作会社に任せている、自社のチームでやっている、企業によって様々だと思います。実はホームページは運用によってビジネスの成果も大きく変わってきます。限られた予算をより有効的に運用に投入するために、サイト運用にかかる費用についてしっかりと把握しておくことが大切です。

「ホームページをもっと活用したい」「現状の運用体制を改善したい」「もっと運用コストを下げる方法はないか」などサイト運用にお悩みの担当者の方はぜひご一読ください。

サイト運用にかかる費用の内訳

Webサイトの運用とは、できたサイトをただ更新することではありません。サイトの役割を果たし、ビジネスの目標達成に貢献することです。制作した自社のホームページを、ビジネスに活かしマーケティングの道具として使うことがサイトの運用と言えます。 サイトの運用について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考に。

サイト運用にかかる費用には2種類あります。サイトを維持していくための最低限の維持費用、更新やメンテナンス、SEOコンサルなど運営サポート費用です。詳しく以下見ていきましょう。

最低限かかる維持費用

ドメイン費用

ドメインとはインターネット上の住所のようなもので、トップページのURLのことです。ドメイン費用はホームページを運用していくには必須のものです。ドメインの末尾につく「.jp」「.com」の部分をトップドメインといいますが、このトップドメインによって料金に差があります。年間で数百円から数千円程度かかります。

サーバー費用

サーバーとはホームページを維持するために必要なもので、ホームページに掲載されている文章や画像データはサーバーに保存されています。サーバーは自社で用意することもできますが、高度な知識とコストがかかるため、レンタルサーバーを利用することになります。スペックにもよりますが、標準的なサーバーで月額1,000円から2,000円程度のものがほとんどです。

SSL費用

SSLとはインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みです。個人情報やクレジットカード情報など通信を暗号化し、悪意ある第三者による盗聴や改ざんを防ぐ役割があります。GoogleもSSL化を推奨していますし、必須の実装といえます。

レンタルサーバーによっては無料で提供しているものもありますので活用するといいでしょう。

運営サポート費用

コンテンツ更新費用

社内に更新する知識やスキルももった人材がいなければ業者に更新を依頼することになります。業者によって様々ですが、毎月一定額の費用、月3~5万円かかったり、ページ当たり2万円かかったりするところもあります。

CMSメンテナンス費用

CMS(コンテンツ マネジメント システム)とはWeb制作に必要な専門知識がなくても、サイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステムのことをいいます。WordPressなどのCMSを導入している場合、バージョンアップに合わせてメンテナンスが必要となってきます。その更新・管理作業がこの費用です。

アクセス解析・レポート費用

Googleアナリティクスなどツールを使ってアクセス解析をし、ホームページのパフォーマンスに関するレポートを提出してもらう費用です。ホームページの目的が集客である場合は、ビジネスの目標達成に向けてPDCAを回すためには必要なデータです。

SEOなどコンサル費用

コンテンツマーケティングやSEO対策など、本格的に集客を行いたい場合必要となる費用です。Webマーケティング専門の会社やSEOコンサルティングの会社に依頼することになります。具体的なコンサル内容や費用について知りたい方は以下の2記事もご参考に。

サイト運用費用の相場

運営サポート費用は全て必要というわけではありません。どの部分を外注するかによって費用相場は変わってきます。以下、費用相場の概要をご紹介します。

外注せず最低限自社で運用したい〈月額2万円以下〉

サーバー費用、ドメイン費用、SSL費用の最低限の維持費だけで、管理や更新は自社で行うという場合です。

コンテンツ更新しつつ運用したい〈月額5万円程度〉

最低限の維持費に月数回のコンテンツ修正をプラスした場合です。この価格帯が一般的なホームページの運営管理費と言えるでしょう。

効果測定も外注しつつ、しっかりサイトを運用したい〈月額10万円~20万円〉

維持費、月数回のコンテンツ修正、CMSメンテナンス費、アクセス解析・レポート費が含まれます。制作会社や運用代行会社によって運用保守は内容が大きく変わるので、サポート内容を事前に確認するようにしましょう。

集客に注力して運用したい〈月額20万円~50万円程度〉

コンテンツマーケティングやSEOコンサルティングなど、積極的に集客に力を入れたい場合です。成果をしっかり出すために本格的な集客支援を受ける場合は、月額20~50万円ほど見ておいた方が良いでしょう。

集客支援に強い制作会社を見極めて依頼するというのは実は大変なことです。最低限の維持・管理は制作会社や運用代行会社に任せ、集客はSEOコンサルタントに依頼する、という形で依頼先を分けている企業も多いのが実情です。

SEO対策会社の選び方について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考に。

サイト運用費用を検討する際の注意点

ホームページ制作時に運用のことも見据えておく

ホームページは制作費用ばかりに目がいきがちですが、制作費以外にも毎月の運用費がかかります。ホームページ制作時に運用予算についても念頭においておくことが大切です。また複数のメンバーがホームページの運用にあたったり、担当者・制作会社が変わったり、という時のためにもルールを決めた運用ガイドラインがあると運営もスムーズです。

自社でできること、外注することを把握する

先ほど紹介した運用サポート費用はすべてのホームページにとって全ての作業が必要というわけではありません。自社のホームページにとって必要なサポートを見極め、運用プランを設計することが重要です。

サーバーとドメインは自社でもつ

サーバーとドメインの契約は自社で行いましょう。設定や運用は任せてもいいのですが、制作会社がサーバーとドメインの契約をしている場合、管理費の支払いをやめた途端ホームページが表示されなくなるということが稀に起こりえます。結局ホームページの復旧も別の制作会社に依頼することになり費用がかさんでしまいます。

まとめ

運用を依頼しようとしている会社がどこまで対応してくれるのか、自社内ではできないので外注しないといけない作業はどれなのか、まずはしっかり把握することが重要です。主体性をもってホームページの運用に関わり、限られた予算の中でメリハリある運用を目指しましょう。

 弊社ではSEOコンサルティングサービスをご提供しております。SEOの実績・知見が豊富なアドバイザーが、サイトの状況・企業のリソースに合わせ、オリジナルな施策のご提案をさせていただきます。サイトの集客を確実にアップさせたいという担当者の方はぜひお問い合わせください。

 SEOコンサルティングサービスについて詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加