ノウハウ

WebライターがSEOライターとして活躍する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
seo_ライター

Webライターが活躍できる時代に

 今、WEBライターという職業に熱い視線が注がれています。
 その主な原因は、Googleが継続して行っている、「質の高いサイトを検索上位に表示する」ための検索アルゴリズムのアップデートです。一連のアップデートにより、オリジナルの内容を持たないコンテンツ(コピペされたやつですね)や、意味のないサイトと大量にリンクされたページなどが検索上位に来ることがなくなり、オリジナルで質の高いコンテンツをもつサイトが上位に表示されるようになりました。
 ここでいう質が高いコンテンツとは、専門性を持ち、社会的に権威を裏付けられた情報源を持つ、信頼できるコンテンツということができます。
 そして、そのようなコンテンツはWEBライターの力なしでは作ることが困難です。
 そのため、WEBライターと、WEBでのライティングの需要は高まっています。それに対し、ライターの数、さらに言えば上記の基準を満たせるようなコンテンツを作成できるライターの数が限られているため、需要と供給のバランスが崩れ、WEBライターが今までにないほど求められているのです。

SEOがわかるWebライターの価値

 WEBライターといっても、どんな人でもすぐに質の高いコンテンツが作成できるわけではありません。
 小説家には小説家の、新聞記者には新聞記者の「求められる書き方」があるように、WEBライターにも、WEBの特性を踏まえたうえで押さえるべきポイントがあります。
 WEBでのライティングを考えるとき、その土台となるのが、SEO(Search Engine Optimization)に対する理解があり、それをライティングの中で生かせるか、ということで、簡単に言えば「検索ランキングが上がりやすいコンテンツを作れるか」ということです。
 WEBライターにおいて、文章そのものは「手段」です。では「目的」は何かといえば、その文章を読んだ「読み手」が、サイトの目指す行動をとってくれることです。
 ここでの「読み手」には二つの種類があります。一つは人。パソコンやスマホでサイトを検索したり、ページを読んだりしてくれる顧客を指します。
 もう一つは、検索エンジンです。検索エンジンは、常にWEB上のコンテンツを読み込み、価値を判断しています。その判断基準に従って、そのコンテンツを検索上位にしたり、下位にしたりします。
 検索上位になることで、より多くの人がそのコンテンツにたどり着く可能性が増しますので、より多くの人にコンテンツの内容を伝えやすくなります。
 WEB上では、もはや検索サイトなしに、特定のコンテンツにたどり着くことは不可能といってもよく、そのため、SEO対策、すなわち、検索エンジンの特性に沿って最適なコンテンツを作れる力が価値を持つのです。

求められるWebライターとは

 では、より具体的に求められるWEBライター像について確認していきましょう。

SEOを意識したライティングができる

 第一のポイントは、SEOを意識したライティングができること。
 これはつまり、先ほども述べたように検索エンジンに評価されやすく、顧客がたどり着きやすいコンテンツを作ることです。
 Googleは、質の高いコンテンツを評価するための3つの柱として「E-A-T」を掲げています。これは、
  E=Expertise(専門性)
  A=Authoritativeness(権威性)
  T=Trustworthiness(信頼性)
 の頭文字をとったものです。
 専門性が高いとは、特定のテーマに沿って多くの情報が論理的に構成、記述されている状態を指すと考えられます。
 権威性が高いとは、その情報の発信源である人や資料に社会的、学術的な裏付けがあることを指すと考えられます。
 信頼性とは、専門性、権威性の双方が満たされている状態を指します。
 いかに専門性が高そうに見えても、出所の怪しい情報がソース(権威性が低い)では、信頼はできません。
 これを実際のライティングに当てはめて考えると、テーマに関連する、より多くのキーワードが文章中にあったほうがよいでしょう。その際、テーマに対しより本質的なキーワードが使われているほうがよく、だからこそ、WEBライティングではツールを用いて抽出された検索上位のキーワードを含めることが求められると考えられます。また、単独のキーワードだけでなく、そのキーワードとセットで使われる言葉や、キーワードの言い換え表現など、付随して思い出されやすい言葉もキーワードの一種として取り込んでいくと良いでしょう。
 ただし、キーワードが多ければ多いほどいいかというとそうではなく、論理的な文章構成に従ってキーワードが使われている必要があります。
 つまりSEO対策を意識したライティングができるとは、あるカテゴリの中で、今どのようなテーマがトレンドなのかを把握したうえで、そのテーマにおいて本質的なキーワードを用いながら、だれにでも伝わるよう論理的な文章を書ける、ということなのではないか、と考えられます。

マーケティングに関する知識がある

 第二のポイントは、マーケティングに関する知識があること。
 WEBライターがライティングを頼まれるコンテンツは、マーケティング上の目的をもって作られます。
 WEB読者が、WEBコンテンツの効果によって、クリックをする、フォームに入力する、次のページを開くなどの新しい行動を起こすことを「コンバージョン」といいます。直訳すると「転換」という意味で、WEBコンテンツを作成する際には、どのようなコンバージョンを引き起こしたいのか意識しながら作成する必要があります。
 例えば、「この商品を買ってほしい」なら、商品を買いたくなるような書き方が必要になるでしょうし、「好感を持ってほしい」なら、好感を持たれるような書き方が必要になります。

読者の心に届く文章力がある

 第三のポイントは、読者の心に届く文章力がある、ということです。これは、WEBライターに限った話ではないのですが、WEBライターは特に意識する必要があります。
 WEB上には、文章だけでなく、動画や、写真、イラスト、音声など顧客の気をひく仕掛けがたくさんあります。
 このような情報のシャワーを浴びている顧客の、情報の取捨選択スピードはどんどん速くなっています。
 多くのライバルがいる中で、飽きっぽい読者をつなぎとめるためには、わかりやすいうえに、心にできるだけ届くような書き方を心掛ける必要があります。
 文章力を磨くための方法は、書籍でもWEBでも効果的で数多く紹介されていますので、こちらではそれらを一つ一つ解説しませんが、文章力を高めるための確実で効果的なコツは、より多くの文章を読むことです。
 そのうえで、WEBライターを目指すのであれば、自分が読んでいる文章がSEO対策としてどんな工夫がされているのか、どのようなコンバージョンを目指して、どのように書かれているのかを考えながら読んでみると良いでしょう。
 WEBライターは、特定のジャンルで文章を書く作家などとは異なり、様々なテーマに対し、様々な文体で書く必要があります。ですので、常日頃から自分自身の引き出しを増やす必要があります。
 そして、WEB上には多種多様な文章があふれています。
 もし今まで、なんとなくそれらの文章を読んでいたとすれば、今後はその「意図」を自分なり考えて読むようにすることが、文章力を高めるきっかけになるでしょう。

Webライターが自分の市場価値を上げるために

 ではWEBライターとして、あなた自身の市場価値を高めるためにはどうすればいいのでしょう?
 実は、このブログで紹介してきた内容を、自分自身に当てはめることが、市場価値を高める助けとなってくれます。
 「EAT」、紹介しましたね。「専門性」「権威性」「信頼性」でした。
 つまり、あなた自身の「専門性」をどこで発揮するか。そして、その専門性を生かしてどのような実績、つまり「権威性」があるのか、人間性の面でも納期やルールの順守などの面でも高い「信頼性」を生み出すことができるか。
 その観点で、自身のスキルやキャリア、アクションを振り返ってみてください。
 その上で、SEO対策的に世の中のトレンドを把握し、マーケティング的に目的を明確にし、そこにコミットしたコンテンツが作成できれば、仕事の質は高まっていくでしょう。
 最後に、学ぶことに前向きであること。
 今後、AIなどのさらなる導入や、5Gの普及に伴う通信環境の変化などによって、さらに世の中が早く、大きく変化するといわれています。WEBライターとは、言ってみればその変化の最先端で、変化の波を文章に翻訳する人たち。ですので、情報収集をしながら自分自身をアップデートしていくことが必要です。
 これらのことは、WEBライターという枠にとどまるものではなく、今後の世界を生き抜くために必要で、効果的なことでもあります。ぜひ、WEBライティングという仕事を通じ、あなた自身の市場価値を高めていってください。”

まとめ

 検索アルゴリズムのアップデートによって生まれた、コンテンツ重視のトレンド。それがWEBライターに対するかつてないほどの需要を生み出し、違いを生み出せるWEBライターは高い市場価値を持つようになっていくでしょう。
 WEBライターとして違いを生み出すためのポイントは、

  • SEOを意識できる
  • マーケティングに関する知識がある
  • 読者の心に届く文章力がある

ことでした。そして、それらの力をつけるためにも、学ぶことに前向きになることが大切でしたね。

 Googleは、彼らの掲げる10の事実の第一に、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」を挙げています。
 ぜひ、現在の、そして未来のWEBの世界を豊かにし、あなたの文章を読んだ人たちに少しでも多くの価値を提供できる、そんなWEBライターを目指してみてください。
 そうすれば、あなた自身の価値も高まっていくに違いありませんから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加