ノウハウ

SEOを意識したリライトで記事をよみがえらせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
seo リライト

リライトが大切とよく耳にしますが、記事を新たに執筆することと同じくらい重要なことです。Webページは公開した後も、過去に作った記事の内容の追記や不要な箇所の削除といったメンテナンスが必要です。リライトのことを単に文字数を増やす「軽い手直し」と勘違いされている方も少なくありません。
間違ったリライトをすると順位が下がるということにもなります。今回はリライトの効果を改めておさらいしながら、リライトの手順やコツ、リライト以前の問題チェックまでわかりやすく解説していきます。リライトする際にぜひ参考にしてみてください。

リライトの効果を再確認

適切なリライトを施せば、検索順位で改善を図ることができます。リライトは現状の問題点を把握し改善していくプロセスとも言えます。記事のリライトで検索順位を上げるために考慮するべき点は、ユーザーの利便性を向上するために、現状よりさらに質の高い記事に書き換えるということです。何となく行うのではなく、問題点を見つけた上でリライトすることで問題点が解決でき成功率が格段に上がります。

リライトの手順

では、早速リライトの手順を解説していきます。確認していきましょう。

コンテンツ選定

狙うキーワードで上位化していない記事や、順位が下落した記事を選定します。さらにそれがリライトして勝ち目があるのかどうかも併せてチェックしましょう。例えば求人サイトの場合、「転職 女性」というキーワードで狙っていたとします。
検索すると上位サイトは求人検索サイトが占めています。このキーワードでは勝ち目が薄いキーワードで効果が出にくいという判断ができます。

リライト内容の検討

リライトをするコンテンツが決まったら、次はどのような部分が足りないのかを調査して、改善点を見つけていきます。その調査はまず狙うキーワードで上位表示されているコンテンツを確認し、自社サイトとの違いを探していきます。
その際、項目だけを追うのではなく、その情報に隠されているユーザーのニーズを読み取ることも重要です。

リライト実施

コンテンツが決まり、リライトする内容が決まったら早速記事に手を加えていきます。

タイトル

狙うキーワードはタイトルのできるだけ前の方に入れつつ自然な日本語になるようなタイトルにしましょう。文字数の目安は30字前後です。それでいて競合コンテンツと差別化した魅力的なタイトルにすることが重要です。

導入文

リード文でユーザーの気持ちに寄り添い、心をつかむことが重要です。そうすることでユーザーは納得して期待感をもって読み進めることができます。

見出し

hタグは文章の構造をクローラーに伝えるのに役立ちます。一般的にh1=大見出し、h2=中見出し、h3=小見出し、という構造になっているので規則的に使い文書の要点をわかりやすくまとめましょう。

キーワードの詰め込みには要注意です。あくまでも自然な見出しを意識しましょう。

内容

「ユーザーファースト」を念頭に内容を書き換えることが書き方のポイントです。自分が書きたいことを書くのではなく、ユーザーにとって有益な内容かどうかを意識した内容にしましょう。ユーザー目線でない内容の薄いコンテンツはGoogleにも評価されません。

読みやすさ/見えやすさ

UX改善のために必要な部分です。文章が冗長になっていないか、理解しやすいように図解をいれて解説する、大事な部分は太字や色をつけるなど、必要に応じて工夫しましょう。
また、ページを開くスピードが遅いとユーザーにストレスを与えてしまい、読まずに離脱する可能性が高くなります。
読み込み速度も確認して、改善が必要であれば改善しましょう。

読み込み速度が遅いサイトの改善方法について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考に→読み込み速度が遅いサイトの改善方法

リライトが終わったら再インデックスの作業も行いましょう。
そのままにしておいてもクローラーは巡回して反映されますが、タイムラグがもったいないと思う方はGoogle Search Consoleから該当ページを「インデックス登録をリクエスト」します。
これでGoogleに再インデックスが催促され、リライト内容の変更が反映されるまでの時間を短縮することができます。

リライト以前の問題もチェック

内部施策

ブログサイトを長年運営していると、初期に執筆した記事など内部施策ができていないケースも多くみられます。大きな手間もかからずにすぐにできることです。きちんとできているか確認してみましょう。

  • ページの軽量化
  • altタグの最適化
  • ディスクプリクションの設定

タイトルと内容が合っているか

タイトルやリードを見て読むと決めたのに、読み進めていくうちに記事内容にギャップがあれば、興味を失い離脱することが多くなります。

またそういったページは検索順位も上がりにくくなります。魅力的なタイトルをつけることに集中するあまり内容とのズレを見逃してしまうケースもよくあるので気をつけましょう。

リライトは何度も繰り返す

リライトは地道な作業で、慣れないうちはイメージをつかむのが難しいと思います。数をこなしていくうちに上位表示のために必要なリライトの感覚をつかむことができます。公開した記事を検証し、充実したコンテンツを積み上げていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。しっかりと自然検索からの集客を図りたいとお考えの方は正しいリライトを理解し、すでに公開されているページをより効果的に集客経路として活用していきたいものです。そのためにも適切なリライトを繰り返し実践されることをおすすめします。

とはいうものの、どこから手をつけたらいいのか、選んだキーワードや方向性は合っているのか…など不安に感じられることも多いでしょう。そんな時はSEOコンサル会社に相談するのもひとつの方法です。弊社でもSEOコンサルティングサービスを提供しております。貴社の状況に合った実行支援のお手伝いができればと思います。

SEOコンサルティングサービスはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加