ノウハウ

オウンドメディアリクルーティングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オウンドメディアリクルーティング

これまでの採用活動は求人媒体に広告を出すことがメインで、それだけでは人材が集まらず、採用コストの上昇に悩む人事担当者も少なくありませんでした。そんな中、Webマーケティングを活用した採用戦略、オウンドメディアリクルーティングに注目が集まっています。今回は、オウンドメディアリクルーティングがどんなものなのか、そしてその始め方とコンテンツ事例までご紹介します。

オウンドメディアリクルーティングとは?

オウンドメディアリクルーティングとは、オウンドメディアを使った採用活動のことです。求人媒体への出稿ではなく、会社の魅力が十分伝えられる情報を盛り込んだ、採用のための自社のサイトを運営することです。人材業界で存在感のあるIndeed社がオウンドメディアリクルーティングという概念を積極的に発信しています。

なぜいま、オウンドメディアリクルーティングなのか?

オウンドメディアリクルーティングが選ばれる理由のイメージ

欲しい人材にダイレクトに情報を届けられる

求職者の約90%が求人広告の閲覧と同時に企業のホームページもチェックするという調査データもあります。昔と違い今は、求職者の側から積極的に探して見に来てくれる時代になりました。
また、採用担当者がSNSで積極的に情報を発信して、採用候補者のフォロワーを獲得することもできるなど、一定の集客を自力で行えるインフラが整ってきています。採用媒体を利用した短期的な採用活動では限界が見え始めています。
オウンドメディアリクルーティングでは、将来応募してくれるかもしれない潜在層に対して長期的にアプローチすることもできます。

求職者の価値観の変化

「働き方改革」という言葉が定着してきたように、価値観が多様化し、年功序列、終身雇用といった昭和的な働き方は陳腐化してきています。自分の価値観をもって自分らしく生きる働き方が広がってきています。一方、企業側は、自社の価値観といったメッセージをきちんと届けることができずに、求める人材とのミスマッチが起きています。
これまでの、企業にとって都合の良いことばかりをPRする採用活動ではなく、企業文化や業務実態を開示することで、入社後の定着率も高めることができます。

オウンドメディアリクルーティングのメリット

オウンドメディアリクルーティングのメリットのイメージ

会社の魅力を十分伝えられる

求人媒体の掲載と違って、字数制限などがないので、伝えたい情報を十分に掲載することができます。レイアウトやデザインも、訴求したい内容に合わせたビジュアル構築を実現できます。

自社とのマッチ度が高い人材と出会える

自由に発信、管理できるのがオウンドメディアの魅力です。そのため、会社の理念や文化に共感してくれる人が集まり、会社とマッチ度の高い人と出会える可能性が高まります。

従来の採用手法より低コスト

採用は決まらないのに求人媒体に広告費は払い続ける、といったこともなくなります。自社媒体の場合、掲載期間に制限がなく、応募者の状況に合わせて掲載内容を変更することも容易です。またオウンドメディア経由で採用に至った場合、金銭的コストはほぼかかりません。

スピーディに採用戦略を改善しやすい

従来の求人媒体経由の採用だと、媒体出稿で応募数やPVなどは分かっても、細かい分析まではできないということはよくあります。オウンドメディアリクルーティングであれば、データが蓄積されるので採用戦略を機動的に改善しやすくなります。

オウンドメディアリクルーティングの始め方

では、いざオウンドメディアリクルーティングを始めようとしたときに何から始めたらいいのでしょうか。

オウンドメディアリクルーティングの始め方のイメージ

仕事内容を明確にする

任せる職務内容と、その職務に必要な素養を明確にします。なぜその素養が必要なのかを掘り下げて考えていくことで、ターゲット像がより明確になります。職務内容や必要な素養を言語化することは、サイトに求職者をあつめるSEOの観点からも有効です。

自社の魅力を整理する

自社の魅力を自由に書き出してみましょう。求職者にとって、自社のどんな点が魅力に感じてもらえるかを整理します。

コンテンツ制作・公開・運用

オウンドメディアは立ち上げて終わりではなく、応募率や選考の結果など、運用データを元にして採用戦略を立て直し、成果を高めていくことができます。

掲載すべきコンテンツ事例

社員のインタビュー記事

社員のインタビューを通じて、その会社の文化や価値観が伝わり、採用したい求職者が自分ごととして共感することもあります。そのため、志望度を高める効果が期待できます。

創業者や経営者の考え方

企業理念を紹介するだけでなく、その裏付けとなるトップの思いを伝えることは重要です。ストーリー性を高め、読者に共感させるような見せ方を工夫しましょう。

プロダクトへの想い

プロダクトに携わる職種が大切にしていることを伝えることができます。同じ職種の別会社ではたらいている求職者に対して、自分ごととしてイメージしてもらいやすくなります。

働き方に関する取り組みや制度

単に制度の紹介ではなく、求職者が望む働き方が実現できるかどうかを発信することは有効です。多様な働き方が当たり前となりつつある昨今、社内制度や働き方は入社条件として重視される傾向にあります。

自社で実施しているイベント情報

社内イベントや、社外に対して行われたイベントの様子を伝えることで、オフィスの様子や人間関係、社風を感じてもらうことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。オウンドメディアリクルーティングを成功させたい場合は、何となく採用サイトを立ち上げるのではなく、サイトを運営させるための体制を整えた上で、求職者に向けたコンテンツ作りに努めましょう。すでに自社サイトや独自の採用サイトを持っていれば、始めるハードルはより下がります。

当社ではWebに関わる戦略設計から実行まで一貫してサポートしています。まだ採用サイトをお持ちでない場合でも、貴社リソースやサイト状況に合わせて、オリジナルなアクションプランを策定させていただきます。ご相談も受け付けておりますので、興味を持たれましたらお気軽にご連絡ください。

正しいアプローチでより効率的に成果を出すSEOコンサルティングサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加