SEO戦略

SEOに強いECサイトに改善するためにできる7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOに強いECサイトのイメージ

「売上アップに直結するSEOに強いECサイトを作りたい!」そう切望するWeb担当者の方は多いのではないでしょうか。

今回は、ECサイトで売上をアップさせるためにやるべきことを7つご紹介します。自社のECサイトを改善したいけれど、どこから手をつければいいのかわからず悩んでいる、という方はぜひご一読ください。解決の糸口がきっと見つかるはずです。

ECサイトがSEOに取り組むべき理由

どんなに素晴らしいサイトを作っても、検索で上位を獲得できなければ、お客様の目に触れることはありません。ECサイトではまずお客様にサイトまで来てもらえることが必須です。

アクセスを集めた上で、「商品を販売し、売上を上げる」ことがECサイトのビジネス目的です。アクセス数だけではなく、コンバージョン=売上につなげるサイトにしなければなりません。集めたユーザーに商品を購入してもらえるECサイトをつくることが重要です。

SEOに強いECサイトに改善するためにできる7つのこと

では具体的に何をやればいいのでしょうか。難しく思えるSEOも実施することはそれほど複雑ではありません。7つのポイントを順にご紹介していきます。

屋合系キーワードでまずは1位をとる

屋号系キーワードとは、ショップ名、ブランド名そのもののことです。屋号系キーワードで検索してくるユーザーは購入する確率が高いユーザーです。

まずは屋号系キーワードで1位が取れているか確認しましょう。実は意外と取れていないものです。というのは、アマゾンや楽天内のショップの方が1位、2位に上がってきているというのはよくあることです。もちろんアマゾンや楽天で売上が上がればいい、という意見もあるかもしれませんが、直販サイトの方が利益率も高いですし、直販サイトの方でしっかり売上を取りたいところです。

【対策】

トップページ・商品ページにキーワードを含んだテキストの総量を増やします。画像ではなく、文字できっちりと盛り込んでいきましょう。

商品ページのテキストリッチ化

商品詳細のページは文字数を多く入れるだけではなく、例えばアパレルであれば、サイズ感や素材感を伝える工夫をしましょう。ECサイトでは試着することができません。実際に商品に触れて確かめることは難しいので、商品についてお客様が具体的にイメージできるような工夫をしましょう。

【対策】

できるだけオリジナルな情報で商品ページのテキストを充実したものにしましょう。例えばスタッフおすすめポイント、モデルの着用コメント(サイズ感)、コーディネイト例などがよいでしょう。どういうテキストだったら増やしやすいか、という視点からも盛り込む内容を検討しましょう。

画像を活用する

商品の写真は、様々な角度でそれぞれ数枚写真を撮っているはずです。商品につき1枚の写真だけでなく、複数の写真を掲載しましょう。複数の角度からの写真、ロゴの入り方・模様・素材感がわかるようなアップの写真、引きの写真、など。ECサイトは手にとって商品を見ることができません。そこを補完できるような写真があるとよいでしょう。またこれから写真を用意するのであれば、1商品あたり、できるだけ多くのショットを撮っておくことをおすすめします。

【対策】

商品写真は複数枚用意し、商品を手にとって見ているかのように、様々な角度からの写真を掲載します。表示速度を高めるために画像圧縮も行いましょう。

季節商品の入れ替えに要注意

季節商品を扱うECサイトの場合、シーズンによって掲載商品の入れ替えをすることもあると思います。その際、終わったシーズン商品のページを削除したり、在庫のない商品のページを削除したりするのはやめましょう。例えばアパレルの場合、秋冬商品をアップするときに、春夏商品を削除してはいけません。これまでに築いたページに付随するGoogleの評価がゼロになってしまいます。またファンがブログで商品を紹介してくれている場合など、ページの削除によってリンク評価を無駄にしてしまうことになります。

【対策】

シーズン商品の入れ替えの際、安易にページを削除しないようにします。削除する場合は、リダイレクト設定を必ず行いましょう。

リダイレクトの種類や設定方法について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考に。

タイトルタグを安易に変えない

SEO上タイトルタグは非常に重要です。タイトルタグを変えると、タイトルタグのキーワードに付随する評価を台無しにしてしまうことになります。気軽に変えるのは絶対にやめましょう。

【対策】

タイトルタグは基本的に変更しません。変更しないことを前提に、主力商品には汎用的なタイトルを付けましょう。

タイトルタグの重要性について詳しく知りたい方はこちらの記事もご参考に。

記事ページを作ろう

ECサイトを構成するページが商品ページだけでは限界があります。商品ページだけではユーザーはすぐにサイトを離脱してしまいます。ユーザーとのコミュニケーションを図るためにも、オウンドメディアを実装することをおすすめします。

【対策】

オリジナリティのある記事をつくり、ファンを増やしましょう。コンテンツ制作の考え方について詳しくはこちらの記事もご参考に。

スマホ対応は必須

スマホ対応はECサイト運営では必須です。Googleの評価は現在、PCサイトではなくモバイルのサイトをメインに行っています(モバイルファーストインデックス)。既存のPCシステムに追加でカスタマイズしてスマホ対応するのではなく、スマホメインでサイトを構築していかなければなりません。

【対策】

レスポンシブWebデザインで、画面サイズを問わずスムーズに見られるサイトにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ECサイトのSEO対策について7つのポイントをご紹介してきました。ECサイトを運営している担当者の方で、自社サイトで不十分だなと思うポイントがもしあったら、自社でできることから着手してみてはいかがでしょうか。

弊社ではECサイトのSEOコンサルティングサービスをご提供しております。SEOの実績・知見の豊富なアドバイザーが、ECサイトの状況・企業のリソースに合わせてオリジナルな施策をご提案させていただきます。ECサイトの売上げを確実にアップさせたいという担当者の方はぜひお問い合わせください。

弊社が行った具体的なECサイトの提案事例についてこちらの記事もご参考に

SEOコンサルティングサービスについて詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加